iPad ProはApple pencilがあれば、Magic Keyboardなしで十分使い物になる

iPad ProはApple pencilがあれば、Magic Keyboardなしで十分使い物になる

こんにちは!

たくです。

ポータブル機器が必要になり、iPadPro 11 インチ2020年モデルを購入しました。iPadかMacBookか悩みましたが、家にPCが1台あるのでiPadにしました!
人生初のタブレット端末なので、できることとできないことの境界がいまいち分からずに勢いで買いました。購入とおすすめアクセサリの紹介です!

iPa Pro購入→到着

無印iPadではなく“Pro”にした理由は第二世代のApple pencilが使えるからです。理由はまじでほぼこれだけです。
無駄に性能のいいカメラとか使い道に困る、、、出っ張ってるし。

無印iPadでは第二世代のApple pencilは使えません。
初代Apple pencilはiPadのお尻にさして充電します。
せっかくのiPadのかっこいいデザインが台無しだぜ。「うちわ」かよ。

第二世代のApple pencilはiPadProの側面に磁力でくっつけてるだけで充電&ペアリングができるんですってよ。そうこなくっちゃ。

3月中旬に注文して4月に届きました。
(実は注文した時点では一つ前の2018年モデル。注文して二週間後くらいに新型が発表になり、自動で注文内容が新型に切り替わりました。Lucky!!)


これがAppeleから届いたものです。

まるでiPadProが表面にむき出しになっているかのような箱です。

(この画像が何を意味しているのか僕には全くわかりません。鮮やかなiPadProのディスプレイを表現しているのでしょうか。)

正面以外はAppleらしいシンプルな表記。

ふたを取ると、ぴったりと箱に収まったiPadProに挨拶されました。礼儀正しいやつですね。

たく:「はい、こんにちは。」

しばらく呆然としていると、世界のいろいろな国の言語で挨拶されました。優秀なやつですね。

付属品は簡単な注意書きと充電器のみ。あ、あと使い方がわからないリンゴのシールも付いてたな。

Apple pencil購入&到着

Proにした原因のペンシルもiPadProが届くのと同じタイミングで購入しました。

iPadProが届いたときほどの感動はありませんでした。Proに比べたら小物ですからね。(税抜14,500円。冷静になると狂ったような高さやで。)

付属品は簡単な注意書きのみ。

せっかくなのでProとpencilで記念撮影。かっこいい!!!
これ持ってたら絶対仕事できるやつ。
税抜14,500円はこのために払ったんだな、きっと。

アクセサリ① カバー

僕のiPadProは税抜き95,800円です。(11インチ, wifiのみ, ストレージ256GB)

10万円の代物を簡単に壊さないために、まずは大事に使います。
その上で、床に落としたりものを画面の上にぶつけたりしたときに備えてカバーを買いました。

Apple純正のキーボード付きのカバーを買おうかと一瞬悩みましたが、家にBluetoothのキーボードがあるので、安いやつでええやってことに。

iPadPro用のカバーだけでも、世の中には結構いろんなタイプのものがあります。僕は楽天で好みのタイプのものを探しました。

選んだ条件は、

  • 背面だけでなく画面も守れる
  • 安い
  • ペンをくっつける部分に余計なものがない

という3つです。

そんなわけで、こちらを買いました。いえ、買ってしまいました。(iPadPro2020年モデルを持ってる人はくれぐれも買わないように。そんな人いないかぁ。。。)


これね、一つ前のモデル用のやつなんですよ。僕はそれをわかってて買いました。

なぜかって?

「だってiPadProは前のモデルと2020年モデルでサイズが同じなんだもん!!」

届いてからウキウキしながら付けてみたらなんかハマらないんですよ。

なんかね、カメラがでかいんですよ。

そうなんです、新しいiPadProはレーダーがついてるのか、背面のカメラの出っ張りがちょっと大きいんですよね。。。

そんなん気づかんやん、、、(普通の人は気付くよ。)

というわけで、しぶしぶ同じようなやつをもう1個買ったとさ。


恐る恐るはめてみると、ピッタリはまるじゃありませんか!!(当たり前って素晴らしい。)

まぁ、ネットショッピングの失敗談は置いといて、このカバーは普通におすすめです。

結構高級感あるし、そのくせかなり安い。あと、ペンを直でつけられるのが、僕にとっては嬉しいポイント。
純正のただのカバーが1枚1万円くらいするところ、こいつは1,500円以下という破格。繰り返しますが、質感はまじでいいです。

アクセサリ② キーボード

いくら画面が大きいとはいえ、ソフトウェアキーボードで文章やコードを書く気にはなれません。

Bluetoothで繋がるキーボード持っててよかったーー。

僕が今も使ってて、おすすめなのがiCleverシリーズ。まあAmazonとか楽天ではおなじみかな?


大きな特徴は安いことと、3つの機器を登録できてワンタッチで切り替え(マルチペアリング)られるということ。

ワンタッチ切り替え機能は、例えばPCとiPadProを同時に使っているときはめちゃ便利です。

キーを打つときの感触は安っぽさがありますが、僕にとっては許容範囲です。
このキーボードをもう2年くらい使っています。
一生これ使え!って言われたら絶対嫌ですが、日常生活で使用する分には全く問題ありません。
この値段でこのクオリティを提供してくれるのはとてもありがたいです。

あと、僕は使いませんが折りたたみ式なんてやつもいますね。


僕はUS配列を使用しています。(上の楽天のリンクは日本語配列なので注意。)

ちなみに、キーボードとトラックパッドを備えたiPad Pro 2020のカバー「iPad Pro11インチ用Magic keyboard」は税抜31,800円。
高いのには深い深い理由があるのでしょう。

2020/8/23 追記:HHKBを買いました。

まとめ

Apple製品を初めて購入しました。iPad Pro 11インチ (2020)とApple pencil 2。
高いですが、いい買い物をしたと満足しています。

そして、iPadを快適に使い続けるためにサードパーティー製のカバーを買い、icleverのBluetoothキーボードとセットで使ってます。

iPad Proはタブレットにしてはかなり高額の買い物です。
アクセサリまで純正で揃えるとMacBookが買えちゃうよ。
お金持ちの人以外は、アクセサリは自分でいいのを探して安くで揃えるのをお勧めします。

iPad Pro は画面が大きくて綺麗なので、キーボードと組み合わせると気分はさながらノートPCです。

Appleのサイトを開くだけでおしゃれになる。

以上、新しいもの買った自慢&ネットショッピングで失敗した話でした!
セットアップやら使用しているアプリやら使い心地についてのお話はまた今度。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

ではでは〜